スリングの分類と安全係数の概要
コラム:企業情報 リリース時間:2019-08-31
一般に高強度ポリエステルフィラメントで作られた従来のスリングベルト(合成繊維スリングベルト)には、高強度、耐摩耗性、耐酸化性、耐紫外線性などの複数の利点がありますが、柔らかい質感、非導電性、腐食なし(人体なし) あらゆる損害

  一般に高強度ポリエステルフィラメントで作られた従来のスリングベルト(合成繊維スリングベルト)には、高強度、耐摩耗性、耐酸化性、耐紫外線性などの複数の利点がありますが、柔らかい質感、非導電性、腐食なし(人体なし) あらゆる損害)は、さまざまな分野で広く使用されています。 スリングには多くのタイプがあり、従来のスリング(スリングの外観による)は、リングスルーコア、リングフラット、ダブルアイスルーコア、ダブルアイフラットの4つのカテゴリに分類されます。

  

关于吊装带的分类与安全系数介绍


  a。ソフトループ付きのシングルスリング(両端でループに縫い付けられたストラップで構成されています);

  b。エンドピース付きのシングルスリング(ベルトの両端にエンドピース付きのスリング)。

  c。ダブルスリング(同じ幅の2つ以上のベルトを並べて並べたスリング);

  d。多層スリング(同じベルトの2つ以上の層を縦方向に積み重ねることにより作成);

  e。環状スリング(ストラップの一方の端をもう一方の端と一緒に縫い付けるか、ストラップ自体を縫い合わせずに織るか、ループに巻き付けます)。

  6.3スリングの安全係数

  スリングの安全係数は、縫合ストラップまたはスリングストラップのパッケージストラップについては約6であり、ストラップ端の安全係数はストラップの超小型安全係数については4です。

  a。サスペンション破壊力:スリングは故障テストでの過負荷に耐えることができ、ユニットは10nです。

  b。特大有効力(mfu):基本スリング、ポリエステルスリングユニットで許容される超大力は10nです。

  特大有効力=スリング破壊力/スリング安全係数。

  巻上法係数(GB / T 8521)

  吊り方法吊り係数m吊り方法吊り係数m

  垂直リフティング190。角度リフティング1.4

  結び目を持ち上げる0.8120。角度を持ち上げる1

  平行リフティング2 2リムリフティングホイスト1.4